Transactions on Graphics

自分の研究の意義について考えてみる

今回は少し (かなり) 大それたタイトルを付けてみました。内容は大したことないです*1。私は本記事執筆時点で修士課程の学生で、プロの研究者からはほど遠い研究初心者なわけですが、初心者なりに、日々研究について考えています。2 年ほど研究活動をしてみ…

論文読み: Skinning with Dual Quaternions (I3D 2007, ACM Trans. Graph. 2008)

今回はリアルタイム向けのスキニング手法として現在非常に良く知られている Dual Quaternion*1 を用いた手法に関する論文を読みました。このスキニング手法は Maya などのソフトウェアでも標準で採用されています*2。手法の具体的な中身についてはここでは触…